読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味アプリを作ると学べる

趣味アプリを最近コツコツ作っていて、これが劇的な学びになっていると思っている。

仕事の場合は価値を生み出すことが主目的なので、学びは副産物になる。 しかし、趣味アプリを作ると価値を生み出すことを放棄しているので、学びに集中できる。

ポイントはやはり「やったことがある」が増えること。

仕事アプリでは「こうしたらいいんだろうけどどんな影響があるか調べるのがめんどくさいしめっちゃ慎重にやらなきゃ……。」となる部分が、 趣味アプリなら「バグっててもいいからやれるか試してみよう」でバンバン試せる。アプリのコードを一度は書いているはずなので想像もしやすい。

こうして得られた「やったことがある」は仕事でも役に立つ。

「やったことがある」が入手できているので少し先の未来が見通しやすくなる。 汎用的な部分なら、趣味アプリを参考にしながら書けば簡単に機能追加できてた。なんてことも起こる。

さらに仕事の慎重な目線で見ると、趣味アプリの甘いところも見つかる。全く経験がない領域(インフラとか)でも仕事アプリを参考にしながら進められるなど、双方向でフィードバックが得られる。

といいことずくめなのでしばらくがんばってみたい。